« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

Les noms de patisserie francaise フランスのお菓子の名前

先日我がレストランから、奥沢まで自転車で!

私たちのレストランのご近所にお住まいのご夫婦が、奥沢でフランス料理’Le bouillon’ル・ブイヨンを営んでいらっしゃって、店頭で洋ナシの自家製ジャムや焼き菓子を販売されていると伺って、行くっきゃない!と行ってきました。

こちらのシェフはとってもまじめそうな方で・・・お料理のことをすごく勉強していらっしゃるんだな、というのがちょっとお話しただけで、ひしひしと伝わってきます。お会いするたびに、私ももっと勉強しなければ!と思います。

マダムはキビキビとしたサンパで前向きで明るい方!まだペースがつかめていないのか、時にはかなり疲れきってしまう私ですが、マダムに元気、もらってます!

今年10年目を迎えられたそうで、私たちもル・ブイヨンさん同様、夫婦二人で営んでいる小さなフランス料理店なので、勝手に親近感といいますか、心の中で「兄貴分、姉貴分」として慕わせていただいております。

あ~、同じ商売をしている横のつながりって大事・・・。気付かなかったことに気づかされたり、自分たちだけでやっていると、独りよがりや自己満足になってしまう危険性もありますが、身近に先輩がいると、「そういうやり方もあるんだ!面白い!」とか、本当にいろいろ勉強になります。

ちなみに、ル・ブイヨンさんは、「パリのビストロ」をイメージして作られているようで、大人なパリ~~~♪な雰囲気の店内です。

Img_0400

洋ナシのショーソンも売っていたので、そちらもいただき!店に戻ってからすぐ食べた!パイがさっくさ~~~くでおいしかったです。自転車での奥沢往復で消費したカロリーは、我がレストランに戻ってきてすぐ消えてなくなりました。。

ショーソンChaussonは、フランス語では、スリッパなんていう意味なんだそうですよ。

フランス語のお菓子の名前は、面白いものがたくさん!

ショーソンや、ラングドシャ(猫の舌)、ブランマンジェ(白い食べ物)など、見た目から来ているのだろう、と想像できるものもあれば、

先日うちのレストランで出していたディプロマット(外交官という意味)やしっとり焼き菓子で人気のフィナンシェ(金融家、資本家)なんかは職業の名前だったり。。

ところで、洋ナシってなんでラ・フランスというのか?

ニコラに聞いたら、「フランスの果物だからでしょ」と言われた。なんて単純なネーミング・・・。

逆に日本の梨はフランスではなんというのか??フランスでは、NASHIと、そのまんまの名前で売られております。柿もKAKIで売られています。リンゴはPommeですが、ふじはFUJIと書かれて売られているんですよ。

LA LAVANDEでした。

|

Tarte Tropezienne- サントロペのタルト・トロペジアンヌ

サントロペ(Saint Tropez)はプロヴァンスにある小さな港町。

もともとは、普通の漁港でしたが、1960年代の銀幕の女王ブリジット・バルドーのお気に入りの町として、一気に知れ渡り、その後ココ・シャネルなどの著名人も訪れるようになって、今ではお金持ちや有名人がヴァカンスで過ごす街として知られています。

特に何があるってわけでもないんですが、色とりどりの建物が海岸沿いに並び、散歩しているだけで楽しい町です。港には画家がたくさんいて、素敵な絵を直接売っています。

フランスで一番スノッブな町サントロペ。

ニコラもサントロペに一時期住んでいたことがあり、また親戚もいるので、私たちも里帰りの際には、サントロペに遊びに行ったりします。そのたびに必ず食べるものが

サントロペで生まれた、タルト・トロペジアンヌ。

Img_0413

ブリオシュの真ん中に、カスタードクリームにバターを加えたものをたっぷり挟んだもの。

フランスでも、サントロペ以外ではまず見かけないこのタルト・トロペジアンヌ。

はるか離れた川崎市高津区でお召し上がりいただけますよnote

(数に限りがありますので、品切れの際はご容赦ください。また当店、1~2週間くらいでメニューを変えておりますので、タルト・トロペジアンヌはいつでもあるわけではありません。。もう終わっていたら申し訳ございません。)

LA LAVANDEでした。

|

12月の営業日のお知らせ

Bonjour! LA LAVANDEです。

12月の営業日のお知らせです。

12日(日)はお休みをいただきます。

また、23日(木・祝)は、クリスマス期間中につき、ランチ・ディナー両方営業いたします。

それ以外の日・祝はいつも通り、ディナーのみ18時より営業させていただきます。

よろしくお願いいたします。

年末何日まで営業するかはまだ決まっておりませんので、決まり次第お知らせいたします。

年末も近づいてきて、ちょっとそわそわしてきた気がします。12月に入ると、一気に時間が過ぎていきそうですね、師走です!

団体様のご予約もいつもより増えてきました。

貸切はランチは12名様より、ディナー平日(月~木)は10名様より、週末は12名様より承ります。

また、貸切以外のご予約は、ご来店予定日の2週間前よりお受けいたします。

詳細はこちらをご覧ください。

なお、明日28日(日)はお休みをいただきます。

皆さまのご来店、心よりお待ちしております。

LA LAVANDE

|

L'amande et l'amende 罰金とアーモンド

朝レストランに着くと、何やらご機嫌ななめのニコラ。

「アマンド(アーモンド)がなんたらかんたら・・・」とぶつぶつ言ってるけど、洗い物や火の音でよく聞こえない。

ランチの営業が終わって、ゆっくり話を聞くと、朝たまたま違う道を車で通ってみたら、右折禁止の標識に気付かず、右折したら警察官がお待ちかね。それでアマンドを払うことになった!と言っていた。

ニコラにずっと前に罰金のことをアマンドというと教えてもらったなぁ、と思い出しました。

「アーモンドにも聞こえるんだけど、もしかして発音同じ?」と聞くと、まったく発音が同じとのこと。そういえばスペル知らないなぁ(ちゃんと辞書引いて勉強しないで、耳からだけで覚えようとするとこうなります・・・)と、ついでにスペルも聞きました。

アーモンドがAmandeで、罰金がAmende。

ニコラが交通違反をしたおかげで、私は「罰金」の単語のスペルをばっちり覚えました!

今日は、フランスに住んでいたり、フランス語圏に在住中で一時帰国のお客様がいらっしゃいました。

フランス語が一番上手だったのは?!パリに8年住んでいたという小学生の男の子かな?(少なくとも私よりは遥かに上手・・・)

発音も素晴らし~~~!店内のお客様からも「お~~~!」と拍手がnoteマルセイユなまりのニコラのフランス語より、美しく話していたかも?

|

24日はディナーのみ営業いたします。

Bonsoir! LA LAVANDEです。

23日は終日お休みをいただきました。代わりに24日水曜日のディナーのみ18時より営業いたします。皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

そういうわけで、明日は(日付変わって今日ですね)ディナーまで時間があるので、その時間にプランタン銀座にレストラン用のクリスマス装飾を買いに行く予定!

クリスマス装飾を求め、ショッピングモールやデパート、何件か行きましたが、やはりフランス語のものがない・・・

プランタンなら間違いなくあるだろう!ということでかなり期待してます。いっぱいかわいいものがあればいいなぁ、楽しみnote

クリスマスのメニューも、どうしようかとあれやこれやとアイデアを出しております。

特別なときに食べたいフォワグラやトリュフを使った料理、そして故郷のプロヴァンス料理をコースに盛り込む予定でいます。できるだけ早く決めますので、もう少しお待ちくださいね。

では、24日営業いたしておりますので、よろしくお願いします。

LA LAVANDE

|

Menu Spécial Pour Noël クリスマスコース料理のご案内

Bonsoir!

ボジョレのデョナーも無事に終わり、たくさんの方たちに、ボジョレ片手にボジョレ特別料理をお楽しみいただきました。

ご来店くださった皆様、ありがとうございます!来年もまたぜひ、当店でボジョレ楽しんでくださいねwink

さて、ボジョレが終わったら・・・・・・心はNoël(クリスマス)xmas

ニコラはやはりヨーロッパ人なので、クリスマスに対する想いは私には理解できいないかも?というくらい、特別。向こうの人にとっては、自分の誕生日より大切なようです。

その大事なクリスマスに当店をお選びくださったお客様には、必ず満足してお帰りいただきたいですし、料理数が増えて普段よりあわただしくなりそうではありますが、できるだけゆっくり丁寧なおもてなしをさせていただきたいと強く思っております。

そのために、クリスマス期間は完全予約制とさせていただくことにしました。また、席数は16席ございますが、各回10~12名に達した時点でご予約を終了させていただきます。

以下、クリスマス期間中の詳細です。

<期間> 12月23日(木・祝)、24日(金)、25日(土)

※通常祝日はディナー営業のみですが、上記期間中はランチ・ディナー両方営業いたします。

<コース> ランチ 3,200円(メイン1品)、4,500円(メイン2品)

       ディナー 8,000円(メイン2品)

<当店からのお願い>

※ご予約は12月20日(月)まで承ります。期間中、空席の有無にかかわらず、ご予約のお客様のみのご案内とさせていただきます。

※ランチで3,200円のコースご選択の場合、あらかじめお魚・お肉をお選びいただきます。

※期間中ディナーは小学生未満のお子様はご遠慮願います。

※ご希望の時間に他のお客様のご予約がある場合は、お時間の変更をお願いすることがございますので、ご了承願います。

ご予約、いただき始めておりますので、当店でクリスマスを過ごしてみようかな、とお考えのお客様、お早めにご予約いただけると嬉しいです。

なお、一部のお客様に、ディナーもメインをお選びいただけるコースをご用意する予定とお話させていただきましたが、メイン2品のコースのみとさせていただくことにしました。申し訳ございません。

クリスマス料理の詳細はまだ決まっておりません。決まり次第、ホームページおよびこちらのブログでお知らせいたします。

クリスマスの装飾を始めた私たち。ツリーも店内用、外用と二つ買って、さらにもう一つ買おうかどうしようか考え中。まだまだ他にもいろいろそろえる予定。特にクリスマスが大好きなニコラは気合入っております!

しかし、クリスマス装飾を見るたびにニコラが嘆く・・・「なんで日本に売ってるのはMerry Christmasと書いてあるものばかりなのか」と。

どうしてもフランス語のものでなければイヤみたいです。どんなに「わ、これお店に置いたらステキじゃない?」というものがあっても、英語があると、ニコラからNGが出ます。さすが、フランス人、フランス語がほんとにだ~~~~いすき!

実は当店の店内装飾、英語だけで書かれているものは一切置いてないんですよ!誰にも気づかれない私たちの小さなこだわりです。フランス産ワインでの、銘柄が英語だったりすると、仕入れるのやめているくらい。

お客様に「フランスにいる気分」を少しでも味わっていただきたい、味わっていただけたらこの上ない幸せなのでございます。

それでは皆様、クリスマスのご予約お待ちしております。

LA LAVANDEでした。

|

Mis en boutaille du Beaujolais Nouveau dois tousjours se faire dans une boutaille au verre ボジョレのペットボトル詰め、禁止?

本日のニュースより。

手ごろな価格で需要が伸びているフランス産新酒ワイン、ボージョレ・ヌーボーのペットボトル入り商品が、来年から姿を消す可能性が出てきた。ボージョレの生産者らで構成するボージョレワイン委員会のグザビエ・バルベ共同会長が18日に都内で記者会見し、ガラス瓶詰めであることを「ボージョレ」を名乗るための条件とする方針を明らかにした。
 委員会は、ペットボトルについて、品質保持やボージョレのイメージの点で問題があると主張している。同国の認証管理機関の審査を通れば、来年中にも導入されることになりそうだ。
 一方、日本ではイオンなど小売り大手を中心に、輸送コストを抑えられるペットボトルの取り扱いを拡大している。委員会の主張が認められると、こうした商品は「ボージョレ」の名前では販売できなくなり、消費者や販売店などの間で論議を呼ぶ可能性もある。

前から、そんなことが言われてはいましたよね。

しかし、フランスって、こういう「○○でなければ、△△と名乗ってはいけない」みたいなのが多いな~と思ったのは私だけでしょうか?

例えば、ニコラの出身地のマルセイユは、石鹸の発祥地として知られており、「マルセイユ石鹸」は有名ですが、マルセイユ石鹸と名乗れるものは、使われている植物性オイルのうち72%がオリーブオイルのもののこと。(昔は成分のうち72%がオリーブオイルのものとされていた)

その他、シャンパンも、発泡酒だけど、他の場所のものは決してシャンパーニュとは名乗れない。

そうやって定義を決めて対象範囲を狭くすることが、そのもの自体の価値を高め、フランスという国を「ひとつのブランド」のように仕立てあげている要因なのでしょうか。

そうそう、お客様に以前言われたこと。「日本人が『お』をつける国はフランスだけ。」(「おフランス」なんて言ったりしますよね)

料理、言語、ファッション・・・・いろんなものが「おしゃれ」だと思われているフランス。こんなブランド力を長きにわたって持つ国って他にないかも?と思ったりしました。

Bonne nuit!

LA LAVANDEでした。

|

Beaujolais Nouveau解禁!

Bonsoir,LA LAVANDEです。

日付変わって、本国フランスより8時間早く解禁の瞬間がやってきましたね。

17日は定休日だったので、ニコラは日中、Beaujolais 特別ディナーの仕込みに明け暮れました。

ボジョレは3種類ご用意させていただきますが、そのうち2種類は16日火曜日に到着。

101116_181801

当店のセラーで大事に寝かせてございます。私たちもまだ飲んでいないので、これから寝て、店に行ってから、飲ませていただきます。

ボジョレディナーは21日(日)まで。ご来店お待ちしております。

LA LAVANDE

|

La tomate, le perroquet et la mauresque パスティスにシロ(Sirop)を加えると・・・

マルセイユっ子大好き!Pastis。

アニスとハーブの香りにハマるお客様多数!

当店人気のアペリティフ、パスティスを用いたカクテル、今日からご提供です!

トマト(La Tomate)-パスティスにグルナティンシロップ(Sirop de Grenadine)を加えたもの

モーレスク(La Mauresque)-パスティスにアーモンドシロップ(Sirop d'amande)を加えたもの。

今日はまだですが、後日ペロケ(Le perroquet)-パスティスにミントシロップ(Sirop de menthe)を加えたもの-も登場します。

101116_181802

シロップはもちろん、フランス産です。

パスティス好きの皆さま、ぜひお試しくださいね!

食後には、季節のオススメ、Vin chaud(ヴァンショー・ホット赤ワイン)も!こちらもお客様に好評いただいております。

さて、LA LAVANDEは、23日(火・祝)は誠に勝手ながらお休みをいただきます。代わりに24日(水)のディナーのみ営業いたしますので、よろしくお願いいたします。

明後日はいよいよ、ボジョレヌーボー解禁です!早く飲みたいですね~

ボジョレ特別料理は21日(日)まで(ディナーのみ)

このときばかりはワインが主役wine

普段はコース料理のみのご提供とさせていただいておりますが、解禁日の18日(木)~21日(日)までは、アラカルトでのご提供もさせていただきますので、ボジョレ片手に、ちょっとおつまみも・・・なんていう楽しみ方もしていただければ、と願っております。

皆さまのご来店、心よりお待ちしております。

LA LAVANDE

|

On a fait le cours de Pain et dessert 今日はパン&デザート教室

こんばんは。LA LAVANDEです。

今日は定休日の水曜日。ランチの時間を利用して、パン&デザート教室を行いました。

パンは、お客様のリクエストでブリオシュ。

最近ブリオシュ、日本のパン屋さんでもよく見かけるようになりましたね。

しかし、ブリオシュは実はパンではないらしい。どうみてもパンじゃん!と言いたくなるんですが、ニコラに「ブリオシュっていうパンは~」なんて言うと、「ブリオシュはパンじゃない!」と突っ込みが入ります。

かのマリー・アントワネットが、民衆が貧困と食糧難で苦しんでいるときに言ったセリフとして知られている「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」発言。日本ではお菓子と訳されていますが、実際には、'Qu'ils mangent de la Brioche'「ブリオシュを食べなさい」と言ったそうですよ。

というわけで、ブリオシュはどちらかというとパティスリに近く、パンではないらしいのです。

話が飛びました。そして訂正。

お客様のリクエストで今日はパンではなくブリオシュ。

Img_0326

中に太めのソシソン(ソーセージ)を入れて焼きました。

Img_0327

スライスしてこんな感じ。一緒にバジル入りマスタードクリームソース。

そしてデザートはブルターニュ風塩キャラメルのチーズケーキを作りました。

写真、撮り忘れました。よくあることですが、撮るのを忘れて、食いついてしまいました・・・。

その後、一緒に作ったブリオシュと、いつもの自家製パン、ニコラが作ったお料理とブルターニュ風チーズケーキを食べました。みんなで一緒に食べるっていうのは、楽しくておいしいですよね~~

ご参加してくださった皆様、ありがとうございます。

それから、お知らせですが、12月8日に予定しておりますクリスマス料理教室ですが、定員に達しましたため、受付を終了させていただきます。ありがとうございます。

LA LAVANDEのパン&デザート教室の詳細はこちら

グループレッスン承っております。「こんなのやってみたい」などのご要望にもできる限りこたえたいと思っておりますので、お気軽にどうぞ!もちろん、フランス語でのレッスンもできますよwink

それでは!Bonne nuit! 

LA LAVANDE

|

C'est la langue française?? Non, C'est la langue de TSUGARU! フランス語?いいえ、津軽弁!

本日の読売新聞より。

テレビで放送中のトヨタ自動車「パッソ」のCMに登場する津軽弁の会話が「フランス語に聞こえる」と話題を呼んでいる。

 CMは、パリを思わせる街角にパッソを運転して現れたタレントの仲里依紗さんが「わのかでパン、しけるめに鍋さフォンデュせば、うだでぐめよ」(私の硬いパン、しける前に鍋でフォンデュすればおいしいよ)と話しかけ、お笑いトリオ「森三中」の大島美幸さんが「せばだばやってみら」(それではやってみる)と応じる内容。画面には標準語の字幕が流れる。

 トヨタの広報会社によると、元々フランス語に似ていると言われる津軽弁のせりふに濁音の多い言葉を選ぶことで、よりフランス語に似せたという。担当者は「意外性とおもしろさを狙った」と話している。

 10月の放送開始後、同社が全国の視聴者600人にアンケートで尋ねたところ、津軽弁と気づいたのは2割程度だった。インターネットでも評判になり、「パッソ 津軽弁」で検索すると、ヒット件数は相当な数に上る。個人のブログなどで「聞き取れたら神」「フランス語だと思っていた」などの感想が書き込まれている。

最後に森三中の黒沢さんが「フランス語?」と言っていたので、フランス語が混じってるのかな、と思って、耳を澄ましてみたものの、字幕と照らし合わせても、それに該当するようなフランス語に聞こえないなぁ、と思っていたけれど、日本語だったんですね!

日本人でよく、「フランス語って東北弁みたいなんでしょ?」とおっしゃる方がいらっしゃるので、ニコラにこのCMを見せてみたところ、「フランス語っぽく聞こえない」とのこと。本場の人が聞くと、そうは聞こえないということなんでしょうか。

CMはこちらから

LA LAVANDE

|

Vin Chaud ホットワイン

Bonsoir, LA LAVANDEです!

寒くなると、フランスのマルシェに登場する'Vin Chaud'(ヴァンショー ホット赤ワイン)

12月に入ったら始めようかとニコラと話していましたが、お客様からのリクエストもあり、前倒しで明日から登場!

101107_21070001 

オランジュ、エピス、バニラなどと一緒に煮詰めた赤ワイン。普通の赤ワインよりアルコールが少なく、フルーツやエピスの香りもして、アルコールが苦手な方にもお楽しみいただけることと思います。

フランスでは、カフェや紅茶の代わりに飲むんだそう。

そんなわけで、LA LAVANDEでは通常のメニューについている食後のカフェ(または紅茶)を+400円でVin chaudに変更可能です。(単品でご注文の場合は700円となります)

フランスの冬の名物Vin ChaudとLA LAVANDEのお料理で、心も体も温まってくださいね!

101106_11260001

さて、こちらは好評いただいておりますLA LAVANDEの自家製パン。お客様から、「お持ち帰りもやればいいのにぃ」っておっしゃっていただきますが、

やってますよ、お持ち帰り!お気軽に声をおかけくださいね!

なお、当日の予約状況等によりご希望に添えない場合もございますので、お持ち帰りのご予定があらかじめ分かっている場合や、10個以上ご購入の場合は、前日までにご連絡いただけると幸いです。

その他お持ち帰りいただける、ワンボックスフランス料理の詳細はこちらから。キッシュのお持ち帰りも承っておりますよhappy01

それでは!Bonne semaine!

LA LAVANDE

|

Les Champs-Elysées おお、シャンゼリゼ!

先日お客様から、日本で売っているフランスのシャンソンを集めたCDをいただきました。

日本人になじみのフランスのシャンソンがいっぱい!Poupée de cire, poupée de son (夢見るシャンソン人形)や、Tout, tout pour ma Chérie, ma Chérie(シェリーに口づけ)、La vie en rose(バラ色の人生)など。

中には懐かしくて思わず口ずさむお客様もいらっしゃって、私もついつい口ずさみたくなっちゃう!

中でも一番好きなのは、やっぱりLes Champs-Elysées(おお、シャンゼリゼ)

この歌、高校生の時に音楽の授業で習ったときは、

「街を歩く 心軽く 誰かに会えるこの道で かわいい君に声をかけて こんにちは 僕と行きましょう」なんていう歌詞が、刺激的すぎて、歌うのにちょっと照れてしまうような気分になったのを覚えています。

そのときはシャンゼリゼ通りのことなんて全く知らなかったけど、「いつも なにか 素敵な ことが あなたを待つよ オオ シャンゼリゼ」のところが、明るく前向きな感じがして大好きで、よく心の中で歌ってたなぁ。

この歌のサビの部分、フランス語だと

Aux Champs-Elysées, aux Champs-Elysées
Au soleil, sous la pluie, à midi ou à minuit
Il y a tout ce que vous voulez aux Champs-Elysées

日本語だと、

晴れの日も雨の日も お昼でも夜中でも

あなたのほしいもの すべてあるよ シャンゼリゼ通りには

フランス語を習って、驚きだったのが、この「おお、シャンゼリゼ」の「おお」が

「お~~~~!すごい!!」の感嘆詞「お~~~~~!」だと思っていたのが、

フランス語で前置詞のàに、複数名詞につく不定詞Lesがくっついたもの='Aux'で、この場合「~では」とか「~には」という意味であることを知った時でした。

しばらくは、このCDをかけ続けているかも?もしかかってなくても、リクエストくださればいつでもかけますよ~wink

日本で流行った懐かしのフランスのシャンソン、LA LAVANDEのお食事とともにお楽しみくださいね!

ちなみに、この'Les Champs-Elysées'というシャンソン、もともとはイギリスの歌なんだそうです。

聴き比べも面白いかも?

英語版はこちらから

フランス語のJoe Dassinの歌はこちらから

LA LAVANDE

|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »