« La fete de St.Nicolas 聖ニコラの日を祝って アルザス料理 | トップページ | Ça y est!C'est notre menu Spécial pour Noël クリスマスディナーのお料理が決まりました。 »

Nice est une partie de la Provence? ニースはプロヴァンスなのか?

コート・ダジュールのニース。

プロヴァンスはのんびりした田舎で、それもまた素晴らしいのですが、プロヴァンスから出てニースを訪れると、とても洗練されていて、「世界の社交場」みたいなプロヴァンスにはない雰囲気に感動して、一気に大好きになりました。

先日レストランそばの高津図書館で、「ドラが見つけたプロヴァンスの家」(ドラとは、在日フランス人国際ジャーナリストのドラ・トーザンさんのことです。以前朝日新聞で連載していたことがあります。そのバックナンバーはこちら)を借りて読んでいると、そんな憧れのニースについてオドロキの記述が!

「ニースをプロヴァンスではないという人もいますが、ニースはれっきとしたプロヴァンスです」

何だって?ニースがプロヴァンス??コートダジュールじゃないの?

早速プロヴァンスっ子ニコラに聞いてみると、「は?違うよ。誰がそんなこと言ったの?」。

「フランス人の本に書いてあった!」というと、すご~~~~く納得いかない顔をしながら、「まぁ、そう言われればそう言えるのかもしれないけど・・・南フランスの東側はプロヴァンス地方だからねぇ」(逆にミディ・プレネーなどがある西側は、Sud Ouest南西地方になります)という返事。

じゃあ、コートダジュールは何なんだ???

Cote d'azul コートダジュールは直訳すると「青い海岸」なのですが、私はそれまで「コートダジュール地方」というものがあると思っていて、サントロペまでくらいがぎりぎりプロヴァンス、それよりイタリア側に近づくと、コートダジュール地方だと思っていました。

ニコラに「コートダジュールって何?」と聞くと、青い海岸だから、地中海沿いをさすとのこと。「だからマルセイユもコートダジュールなんだよ」と言い出すニコラ。

マルセイユもコートダジュールだなんて、私が今までコートダジュールに抱いていた洗練なイメージが崩れ落ちていく・・・。

私はマルセイユがコートダジュールであることに納得いかないけれど、それ以上にニコラはニースがプロヴァンスだということに納得いかないらしく、「生まれてから一度もニースがプロヴァンスなんて聞いたことがない!」と言っていた。

「じゃあ、ニコラにとってプロヴァンスってどの辺のことなの?」と聞くと、「マルセイユ周辺」と一言。おいっ、一般人がイメージするプロヴァンスとマルセイユの雰囲気ってかけ離れてるのに、まるでマルセイユがプロヴァンスの中心にあるように言うな~!と思ったけど、やはり故郷はひいきしちゃうものなんですね。

ところで、ニースはNICEと書くので、英語だとナイス!になります。我がレストランそばに、ナイスという会社のマンションが建築中で、「Nice」の文字を見たニコラは「へ~、ここにニース風の建物でも建つのかな」と言っていました。

以上、プロヴァンスやニースに興味のない人にはどうでもいい、ニコラと私のプロヴァンス談義でした。

LA LAVANDE

|

« La fete de St.Nicolas 聖ニコラの日を祝って アルザス料理 | トップページ | Ça y est!C'est notre menu Spécial pour Noël クリスマスディナーのお料理が決まりました。 »

フランスのあんなことこんなこと」カテゴリの記事