« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

Voisins ご近所さん

レストランを開店することになって、家のご近所さんだけではなく、レストラン近辺のご近所さんともお付き合いが始まった。

たまたま意地悪な人いたらどうしようsweat01と、ちょっと不安になったりもしたけど、

そんな心配は全く無用だった!本当にいいご近所さんに恵まれております。

最近は、お茶を習っていらっしゃるご近所さんが、ニコラに抹茶を飲ませてあげたい!と

110624_142801

お茶道具一式持って来てくださって

110624_143501

しゃしゃしゃ~~~っと泡だてていただきました。ニコラは興味津津!こうやって泡だてて飲むのは裏千家だそうです。

余った抹茶までいただき、ニコラは抹茶のデザート作りに明け暮れております。

抹茶のアイス、抹茶のショコラ、なんでもとってもおいしいですよね!

フランスへのお土産にも、キットカットの抹茶味、大好評です。

しかし、なんで日本にはいろんなフレーバーのキットカットがあるのに、他の国にはないのかしら??

お客様も、ご近所様も、ご親切な方に恵まれて、言うことなしheart04

さて、今日の夜は、臨時営業となりました。

がんばりますhappy01

7月14日~16日の革命記念日ディナーのご予約も、受け付け中!(こちら

LA LAVANDE

|

イベント:7月14日フランス革命記念日(パリ祭)を祝う演奏会ディナー

Bonsoir! 今年も近づいてまいりました!

フランス全土でお祝いする、7月14日の革命記念日。日本では「パリ祭」という名前で浸透していますね。フランスでは、そのまま7月14日を意味するQuatorze Juillet キャトルズ・ジュイエと呼ばれています。

昨年は、フランス各地のお料理をお召し上がりいただく特別ディナーをご提供し、たくさんのお客様にご来店いただき、私たちも楽しい時間を過ごすことができました。

そして、今年は・・・・ Fête Nationale Petit Concert Avec la Cuisine française! フランス革命記念日を祝う演奏会ディナー開催!

演奏してくださるのは、Orchestre national de Lyon(オーケストル・ナショナル・ド・リヨン、リヨン国立交響楽団)ヴァイオリン奏者の小林多美子さん(在仏20年)とOpéra national de Lyon(オペラ・ナショナル・ド・リヨン、リヨン国立歌劇場管弦楽団)所属のヴィオラ奏者の大矢章子さん(在仏14年)。

曲目はフランス国家「ラ・マルセイエーズ」をはじめ、「アヴェ・マリア」や「夢のあとに」など、フランスに縁のある日本人にも馴染みの曲。

14日~16日のディナーは特別メニューをご用意いたします。

おいしいフランス料理とプロの演奏で、楽しいソワレをお過ごしくだされば幸いです!

<演奏会ディナーのご案内>

日時:7月14日木曜日   18時開場、19時開演 20時演奏終了予定

料金:5,250円(税込、ディナー代・ミュージックチャージ含む。ドリンク代別)

※座席数に限りがございますので、相席になる場合がございます。ご了承願います。

※7月14日のディナーのみ中学生未満のお子様はご遠慮させていただきます。

※7月15日、16日は演奏会はございません。通常通り18時よりディナー営業いたします。

<お料理内容>(7月14日~16日限定メニュー 14日以外はおひとり様3,800円となります)

Amuse Bouche アミューズブッシュ:茄子のキャビア

Entrée 前菜 :前菜盛り合わせ(豆乳のブランマンジェ、豚肉とコルニッションのリエット、トマトとバジルのテリーヌ・グラッセ)

Plat メイン料理 : フランス産鴨のポワレ チェリーのヴィネガーソース

Dessert デザート :ムース・キャラメルとオランジュ・コンフィの自家製アイス

自家製パン、コーヒーまたは紅茶付き

※苦手な食材がありましたら、ご予約の際にお伝えください。(2日前までにお願い致します。)

<演奏家プロフィール>

・小林多美子 KOBAYASHI Tamiko(ヴァイオリン奏者)-

3才よりヴァイオリンを始める。西川重三、篠崎いさ子、 田中千香士の各氏に師事。

1989年、東京芸術大学附属音楽高校卒業、東京芸術大学入学後、渡仏。

ジェラール プーレ、レジス パスキエに師事。

1992年パリ国立高等音楽院室内楽部門1等賞、93年ヴァイオリン部門1等賞、その後第三課程修了。

在学中、リピッアー国際ヴァイオリンコンクール6位(イタリア)、Scheveningen 国際ヴァイオリンコンクール入賞(オランダ)その他各地のコンクールで入賞。

1998年リヨン国立オペラ交響楽団ヴァイオリンソロ。

2000年 より現在、リヨン国立交響楽団第二ヴァイオリンソロ。その他、ヨーロッパ、日本で、室内楽、コンサート活動。

・大矢章子 OYA Ayako(ヴィオラ奏者) -

桐朋女子高等学校音楽科を卒業と同時に渡米。全額奨学金を得て、オハイオ州立シンシナティ大学音楽科に入学。

その後ハンガリーに渡り、ブタペスト・リスト音楽院で室内楽を学ぶ。引き続き恩師の推薦で、スイスのバーゼル高等音楽院に入学。そこで音楽教育科のディプロマ、演奏家ディプロマを最優秀で取得する。在学中から、バーゼル交響楽団の団員となる。

1997年、フランスのリヨン国立歌劇場管弦楽団のヴィオラ奏者となり、現在に至る。オーケストラ内で演奏しながら、スイスのルッツェルン高等音楽院のソリストディプロマを取得。ヨーロッパ各地で、リサイタル、室内楽演奏会、ラジオ出演などで活躍中

私も演奏会、とっても楽しみにしています。皆さまと楽しい夜を過ごしたいと思います。

ご予約お待ちしております!

LA LAVANDE

|

La foudre noire (?) ブラックサンダー

ショコラ大好きheart04のニコラに、お客様がくださった

Img_1238

ブラックサンダー、黒い雷神。箱ごとの大人買い!

これまでも何度かこのブラックサンダー、いただきましたが、震災の影響か、しばらく姿を消していたらしいので、久々です!

Img_1239

「若い女性に大ヒット中!おいしさイナズマ級!」とパッケージに書いてある。

お客様曰く、OLさんに人気らしい。

小さいけれど、ボリュームいっぱい(なのでカロリー高そうcoldsweats01

今や私の同僚はニコラだけ。。。世間で流行っているものが何か分からなかったり、乗り遅れたりするんじゃないかと心配していましたが、いろいろお客様に教えていただけるので、感謝ですnote

LA LAVANDE

|

Il se ressemble qui? 誰に似てる?

先日お客様に「シェフはカフカに似てるね!」と言われましたが、カフカを誰だか知らなくて・・・

調べてみるとチェコ出身の作家だそうで。

Photo

おっしゃる通り、似ているようなhappy01

ニコラは、日本に来たばかりの頃、最初に働いていたレストランのフランス人に、「平井堅というハンサムな日本人歌手に似てる」と言われたそうで、その日「日本の有名人に似てるって言われた」となんだか嬉しそうに私に話していました。

後日平井堅さんがテレビに出ていたときに、「これがその平井堅だよ」と教えると、「これが平井堅か~、うん、なんか似てるかも」と嬉しそう。

さて、ニコラは日本の有名人に似てると言われたのが嬉しいのか、それとも平井堅さんをハンサムだと思ったから似てると言われて嬉しいのか、どっちだろう、とふと疑問に思い、そのときたまたまつけていたテレビに出ていた、ペナルティーのワッキーさんを指して、「ニコラはワッキーにも似てるよ」というと、

「C'est toi, ワッキー!!!!!」(君のほうがワッキーだ!)とめちゃくちゃいやそうな顔をしました。(ワッキーさんごめんなさい。。。)

というわけで、ニコラは平井堅さんをハンサムだと思ったから嬉しかったということが分かりましたnotes

その後も、何人かに平井堅に似ていると言われ、「平井堅って歌もうまいなぁ」と、テレビに出ていると、嬉しそうにしているニコラなのでした。

LA LAVANDE

|

Spécialiste 餅は餅屋

一周年を迎えた当店。

内装工事をしてからも1年経ったということで、工務店の方と1級建築士の方にお越しいただき、先日の定休日に1年検査をしていただきました。

Img_1186

その前に、滅多にフランス料理を食べないという工務店の方に、腹ごしらえにお野菜たっぷりプロヴァンス料理をお召し上がりいただきました。

私たちもお客様用のテーブル席でご飯を食べるはあまり機会がないので、ちょっと新鮮。

1年経ちましたが、大きな不具合もなく、やってこれました。

これも職人さんたちの丁寧なお仕事によるものだと感謝!

内装、たくさんのお客さまから「かわいいheart04」とお褒めのお言葉をいただき、嬉しい限りです。

「ご自分でデザインなさったんですか?」と聞かれますが、とんでもございません。。

「プロヴァンス人の家に食事に来たような、日本であることを忘れてしまうような店内」にしたい、というコンセプトと、プロヴァンスに里帰りしてきたときに撮ったかわいいレストランや典型的なプロヴァンスの家の写真、そして店に置きたい小物を建築士の方に見せて、いろいろとご提案していただきました。

プロヴァンスの家には柔らかい黄色が使われていることが多いのですが、「柔らかい黄色」と言っても、黄色はたくさんあって、サンプルを見せられても、どの黄色を選ぶと、どういう違いが出てくるのか、全然わからない。

そんなとき、例えば「壁がこの黄色だから、天井はこの黄色にすれば、圧迫感がない」とか、「客席の壁が薄い色だから、洗面所の壁は濃い目にすれば、奥行きが出る」など、私たち素人ではわからない、豊富な知識と経験に基づいた専門家ならではの素晴らしいアドバイスをいただく事が出来ました。

やはり専門家は違うな~と、感心ばかり。

食事中、工務店の方と建築士の方がお仕事の話をされているのを、私には未知の世界なので、違う職業の話って楽しい!と思いながら聞かせていただきました。

改めて、この飲食店の仕事、お付き合いしている業者さん、そしてお客様から、いろんな職業、いろんなご経験を聞くことができて、今まで知らなかったことを知ることができて、楽しい仕事だと思いました。

私も、何かの「スペシャリスト」まではいかなくても、「そのことに本当に詳しいね!」と周りに言ってもらえる何かを身につけたいなhappy01

LA LAVANDE

|

Les fruits sont chers! 果物は高い!

今朝、お客様から届いたのは、なんと夕張メロン!

Img_1203

キャ~~~~~happy02happy01noteup食べたことあるかな、私。。

Img_1206

箱から出さなくても、すでにいい香り。。

ずっと眺めていたいけれど、もったいぶりすぎて傷んでしまったら、悲しいし、2日くらいで食べ頃らしいので、早めに食べようっと。

日本って果物が信じられないくらい高い!(外国と比べると)

もう日本に戻ってきてずいぶん経つので、最近は思わないけれど、

フランスから帰って来たばかりのころは、スーパー行ってはいちいち驚き!「こんなに高かったっけ~~~?!!!」

フランス在住の友人も、日本に一時帰国したときに、スーパーでぶどう一房800円と見て、「絶対買えない・・・」と思ったらしい。

ニコラもいちいちフランスに電話して値段言ってたくらい。

スーパーで3,000円するメロンを見たとか、デパートに4万円の四角いスイカが売ってたとか。

フランスでは果物はたいていキロいくらで売っています。

例えば、桃やメロンだったら1キロ300円とか。

フランスの食糧自給率は100%を超えていて、果物や野菜・乳製品がとっても豊富。とっても安い。

それに価格が安定しています。

日本だと、例えば台風の被害を受けたら、キャベツが500円になったりすることもあるけれど、フランスではまずそんなふうに大きく高騰することはありません。

先週安かった野菜や果物が、翌週倍以上の値段になっている、というのもニコラには驚きでした。

そして、ニコラは特にメロンに過剰反応。デパートでも高く売られているし、夕張メロンの初売りで何百万の値がついたりするのをテレビで見たせいか、「日本ではメロンはかなりの高級品なんだ!」と思いこみ、以来メロンを見ると、ニコラはやたらとテンションがあがるようになりました。

なので、フランスに帰ると、親戚や友人に「日本だとメロンがすっごく高くて滅多に食べれないけど、フランスだったら思う存分食べれるからすごく嬉しい!」と言いまくって、「日本人はそんな安いもので喜んでくれるの?」とやたらと私がメロンばかりもらうことがありました。いや、メロンならなんでもいいわけじゃぁないから・・と言えない私でしたcoldsweats01

さて、夕張メロン、じっくり堪能させていただきます!

夕張メロンをフランス人に食べさせたら、驚くに違いないっ!

LA LAVANDE

|

Anniversaire 誕生日

先日はニコラの31歳の誕生日。

誕生日の朝、娘たちから誕生日カードをもらって、とっても嬉しそうなニコラ。

Img_1185

左側は下の子のめちゃくちゃな落書き、右側は上の子がお花を描いたんだそうです。

私もプレゼントしたけど、多分ニコラにはこのカードが一番嬉しかっただろうねhappy01

子供の体調不良で残念ながら外食できなかったから、また次回good

フランス人は自分の誕生日が大好き。

日本だと、子供のころ、親にねだって、友達を呼んで自分の誕生日会をやったこともありますが、フランスは子供だけじゃなく、40歳とか、けっこういい大人でも、自宅にたくさん友人・親戚を呼んで盛大なパーティをやる人がいます。

そして、自分が何時何分に産まれたかも知っていたりする。。

日本人だとそこまで知ってる人、稀ですよね。私も、自分自身が何時何分に産まれたか知らないし、興味もない。

そのくせ、なぜか自分の血液型は知らない。

ニコラも、今はA型だと言っていますが、昔はB型だと言っていた。

なので、娘たちの血液型も、私までよくわからないcoldsweats01

フランスには戸籍がないせいか、フランス国民であることを証明するCarte Natinale D'identiteというフランス国民証のようなものを18歳以上は携帯することになっています。

個人を識別するために、名前、出身地、目の色、身長などが記載されていますが、初めてこの国民証を見たときに、「目の色が記載されてるのに、血液型はないんだ~」なんて思ったことがあります。

会ったころにニコラに身長を聞いたら、180センチと言い、実際身分証明書にも180センチと記載されているニコラ。

180センチもあるかなぁ。。と疑問に思っていたのですが、日本で健康診断を受けると、176センチ!

「サバ読んでたでしょ!!!」と言うと、ニコラが

「フランスでは靴を履いたまま身長測るんだよ」だって。(真偽不明)

LA LAVANDE

|

6月の営業のご案内

梅雨の真っ最中ですが、ここ数日は雨の心配がいらないようで、嬉しいですね!

さて、遅くなりましたが、6月の営業のご案内です。

6月中の日曜日はすべて営業いたします。(ディナーのみ営業)

なお、12日(日)は貸切となっておりますので、通常営業はございません。

毎週水曜日は定休日とさせていただいております。

皆さまのご来店、心よりお待ちしております。

LA LAVANDE

|

合羽橋

お休みの日に合羽橋へ。

Img_1173

初めてみる東京スカイツリーに嬉しそうなのニコラ。

オープンが楽しみですが、しばらくは大混雑でしょうから、オープンしてもすぐには行けなそうです。。

さて、合羽橋。

ニコラがフランスから料理人の親族・友人が来たときは必ず連れて行くところです。

みんな、カタカナで名前を彫ってもらった包丁をお土産にしたり、寿司グッズ(フランスではお寿司が大人気で、寿司職人はなかなかの高給なんです)を買って帰ったり・・・

といっても、日本も遠いので、来られない人からは「テレビで、巻きずしを作れる、すっごく大きいのを見たんだけど、それを送ってくれ」とか、「スシマンっぽい帽子を送ってくれ」とか、口頭で「こんな感じのやつ!」と曖昧な説明をされ、どんなものが欲しいのかはっきり分からず、困ってしまうことも。。

それにしてもちょっと遠いなぁ、合羽橋。。

もっと近くにあれば、もっと頻繁に行けるのに・・と行くたびに思ってしまいます。

LA LAVANDE

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »