« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

Confiture Maison 自家製コンフィチュール完成!

何度か試作を繰り返し、先日ついに完成

Dsc_0695

自家製コンフィチュール。

第一弾は、青森りんごとレモングラスのコンフィチュール。

何にでもハーブやら、何かのプロヴァンスらしいものを入れたくなる私たちのコンフィチュールは、私たちらしくハーブ入り。

プロヴァンスの叔母のアイデアなんですがcoldsweats01

リンゴは角切りにして煮込み、半分は食感を残すためにそのまま、半分はミキサーにかけて、ちょっとコンポートのようにし、最後に全部一緒に混ぜました。

リンゴが隅々まで詰まったようなジャムに仕上がったのではないかな、と思っております。

今回ハーブを入れた、と言ってもレモングラス。

レモングラスはハーブの中でもあまり味が強くでないハーブではあります。

ローズマリーや、ラベンダー、アニスはわりと強く味が出るハーブです。

なので、正直リンゴに消されて、レモングラスはあまり感じられないかもしれませんが、

ガーゼにレモングラスの束をたっぷり包んで、リンゴと一緒にコトコト煮込んであります。

レモングラスには冷え性、殺菌、鎮痛などの効能があります。

味がしなくても、そこにはレモングラスの成分がしみ込んでいます。

皆さまの、ハーブのある暮らしにこのジャムが一役買ったらいいなぁ、と思っております。

210グラム入り、600円です。

今後も、いろんな組み合わせアイデアが頭に浮かんできているので、これからも違うフルーツ、違うハーブやエピスで作りたいです!

LA LAVANDE

http://la-lavande-provence.com

LA LAVANDE sur Facebook

http://facebook.com/LAVANDE.FRANCE

|

Confiture Maison 自家製ジャム

マルセイユの叔母から数カ月ごとに送られてくる手作りジャム。

Dsc_0678

庭でとれたものを使ってジャムを作っています。

昨日届いたのは、アプリコットとラベンダー、アプリコットとスターアニス、イチジクのジャム。

ジャムにもハーブを使います。さすがプロヴァンス人!ハーブももちろん庭のもの。

一緒に、こちらは手作りではなくパン屋さんで買ったそうですが、バオバブのジャムも入っていました。バオバブのジャムなんて食べたことないですねぇ。。どんな味か楽しみ!

フランスはジャムの種類がとっても豊富!どれもおいしくて、ジャムもフランスに帰省した時は必ず買ってくるものの一つです。

難点は、瓶に入っているのでけっこう重いことなんですが。。。

うちもお客様用に、ハーブを組み合わせた自家製ジャム、作ってみようかな~。

Dsc_0679

一緒に入っていた子供用のおやすみ前の読み聞かせ絵本。表紙がかわいい~~note日本にも、寝る前の読み聞かせ絵本、売っていますが、フランスにもあるんですね。

日本でも親しまれているお話もいくつかありました。

フランスと日本、タイトルもほとんど同じでしたが、フランス語だとこうなんだ、と勉強になりました。

Jacques et le haricot magique ジャックと豆の木

Le loup et les sept chevreaux おおかみと7匹のヤギ

Le petit chaperon rouge 赤ずきんちゃん

子供向けとあって、読みやすい文章で私のレベルにもちょうどいいかも。

さて、今日はバレンタインですね!

私は外出ついでに、いつもより早めにショコラを買いました。

子供たちに見つかったら大変なので、絶対見つからない場所に隠しておきました。

そしたら・・・・!!!

その隠し場所を忘れました。どこにあるのでしょう?きっと忘れたころに出てくるのでしょう。。

子供たちに頼まれていた分も一緒に隠してあったので、仕方なく昨夜あわてて買いに行ったら、ほとんど品切れでビックリ~!

LA LAVANDE

http://la-lavande-provence.com

LA LAVANDE sur Facebook

http://facebook.com/LAVANDE.FRANCE

|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »